2009年6月30日火曜日

週末は疲れる

金曜晩はY's。特製MACALLANのデカさはかなりのインパクト。インフィニティQ45の排気量と同じ4.5lだもんね。
土曜の晩はわんくま勉強会。日曜日は姪っ子の誕生日パーティーの予定が入っていたので終電に間に合うように電車に乗ったはず…だったが、日暮里へ新京成線へ乗り継ぐことの出来る最後の常磐線快速が出て行くタイミングに到着。
開き直って上野のD&Mへ。
ここのところずっと探している「From Huntly to Tokyo Glen Grant」の話をしたら「From Huntly to Tokyo Dallas Dhu」ならあるとのこと。早速飲んでみた。
美味いです。益々Glen Grant飲みたくなった。
※というか良ければ買う。生まれ年蒸留のGlen Grantだもん

日曜日、どうにかこうにか家族で食事に出かけることが出来た。でも帰ってきたらそのまま布団でバタンキュー。8時から寝たのに疲れが抜けない。
無理のきかないお年頃にはまだ遠いはずなんだけどなぁ…

※リンク先の写真更新しました。主に酒ですが^^;

2009年6月25日木曜日

防水一番

昨日アメ横(非名古屋)のカバン屋に何気に入ったら3500円で3wayのカバン発見。丁度良いと思って買ったわけですわ。でも出勤時に雨だったので今日は使わず帰りにドンキホーテで防水スプレーを買ってきて一本丸ごとプシューっとしてやった。
近頃カバンを買ってくると必ずこのパターンで防水スプレーをかけまくる。なんせ精密機械を入れることが多いので。

2009年6月24日水曜日

6月の怪談

僕の部屋は母の部屋の隣で襖一枚で仕切られているだけです。思春期だったら気が狂うね。

昨晩は暑くて寝苦しかったので窓を開けていたんだけど、風が強かったので風の音は煩いわ障子がバタバタ騒ぐわで結局2時ごろに窓を閉めて寝たんだけど…

今日の夜(既に昨日)母が
「昨日の夜中の3時ごろあんたが私の部屋を通って自分の部屋に行って数人の誰かと話をしていた」
と言うんですわ。
僕その時間寝てましたし、今の家に知人を招いたことはありません。

まだ6月、そんな話するには早いよ。

# いや、この家一人でいるとどっかの戸が閉まる音がやたら聞こえたりするのよ。
# 大きいのに安い家だった訳はまさか…www

2009年6月23日火曜日

今更だが19日




先週金曜日、以前から気になっていた中目黒のバーへ行ったのだが…店の前から中を覗くとお客さんの居ない店の中マスターらしき人がテーブルで新聞読んでた。
店に入らず撤収。その後六本木へ。
ラ・リングア・オチアイでちょろちょろっと摘みながらワイン。アラカルトのパスタでペペロンチーノを頼んだが、どれでも同じ値段ならウニクリームにすべきだったかな(っていい値段なのよ。結構有名店だし)?後悔。
その後はアイラバー東京へ。この晩は何故か客が少なくマスターと二人でゆっくりと話ができた。
モルトウィスキー専門店ながら若干あるバーボンの中にCock Of The Walk発見。114 proofってことは以前のものだね。今度飲もう。
# 写真撮ってないし何飲んだか忘れちゃったw

終電までには帰れると思って店を出たのに結果松戸までしか帰れないことが判明したので三河島Y'sへ。
飲んでみたかったリトルミルのザ・ダンス。先日アイラバー東京で飲んだリトルミルもそうだけど旨い。
で、次は久しぶりのグレンファークラス・モダンマスターズ。モダンマスターズも好きなシリーズなのでやっぱり旨かった。
そういえば気になったので飲んでみた山崎オーナーズカスク1989。小学館の山岡さんの樽。以前持っていたイオンの1989はコッテコテ真っ黒シェリーだったけど、これは水楢かな?開いたあとは柔らかい味わいで同じ年代のものでもこんなに違うのか?って感じ。

1件目がいい感じの店だったらこんなに出費せずに済んだんだけどなぁw

2009年6月21日日曜日

♪泣かなぁいでっぇ~

うぅん。
七夕の短冊と思しき紙に姪っ子が
「大金持ちになりたい」
と書いていたので
「夢がない」
と言ったら泣かれてしまった…

大人になるとみんな思うことだからせめて子供のうちは「アイドルになりたい」とか書いてほしかっただけなんだけどね。

難しいです。

2009年6月16日火曜日

こんな世界滅んじまえ

DSの数独の一番難しいと思われる問題が後少しで終わるところだったのに誤ってカセットをプッシュしてしまい抜けてしまった。
こんな世の中じゃ…ポイズン

変えられないもの、それが過去

ちょっと思い出したようにトシちゃんの全盛期をようつべで観ているのだが、この人デ・ヴュー何十周年記念のときこの格好でこれらを歌うんだろうか…キッツイなぁ
なんか
社会の片隅でプログラマなんてねぇ~
と思うときもあるけど、こういう形で過去が残るなら地味に生きていくのも悪くない。
・恋=Do!
・キミに決定
・ブギ浮ギ I Love You
この辺りはとても辛いと思う。
# もっともこれらを今のトシちゃんがどう調理するのかは見てみたい。

それはともかく「世界が認めるヴォーカリスト」でググると自分の音楽知識がいかに浅いか良くわかる。
EXILEってZooのカヴァーしかしらないや(´・ω・`)


2009年6月14日日曜日

自言自笑

なんだろう?
自信のなさの現れなんだろうか?
自分で喋った後自分で笑うのは。

毎言喋るたびにそれをやるのは勘弁してくれ。それも甲高い声で笑うのは。
面白い話がしたいなら他の人の反応を見て内容を変えればいいだけのことじゃん。
笑いなんて感性のもんだから合う合わんがある。だから無理な場合もある。
ならば黙ればよい。
それが出来ないのも酒のせいだろうか。

とにかくトラウマなのかもしれんけど、本当に苦手だ。自分で喋って自分で空笑いする奴。

もうダメ。無理。
嗚呼、何故そういう人と遭遇してしまうのだろう。

笑いなんて感性のもんだから合う合わんがある。
でも、本当に、本当に、本当に話がつまらないんだって。

辛かった。

Very Very Old Fitzgerald




何故か久しぶりに飲みたくなったので飲んできました。Very Very Old Fitzgerald
個人的にはデキャンタの方が好きだったりするわけですが、改めて飲むとこれも美味いですね。
お値段が1shot 2,500Yen也。あり得ない安さでしょ?

コレの後に飲んだのはPAMPERO ANNIVERSARIO
今日はモルトを一休み。

2009年6月12日金曜日

BRUICHLADDICH at Y's


ブリックラディの飲み比べ@三河島Y's
全部16年の46度でフィニッシュ違い
  1. ポイヤック シャトーラフィットロートシルト
  2. シャトーラトゥール
  3. シャトーマルゴー
  4. シャトーオーブリオン
  5. シャトーイケム
  6. ラフルール
詳しいことは多分一緒に飲んでた奴が書くはずなので割愛。もう一度飲みたいのは2,5,6
5のシャトーイケムは貴腐ワインだけあって他の5品とは違う甘さがある。これは気にいったのでもう一度飲みたい。
飲み疲れないのは6かな。個性はないけど他の物をのむ間に入れるといいんじゃないかな?

2009年6月11日木曜日

President

読んだことないから偏見100%だけどPresidentって雑誌を読んでるサラリーマンはやはり将来社長になろうという野望があるんだろうか?
BigTomorrowも名前にノックアウトされて読んだことないです。
大風呂敷敷く人は好きだけど

設定変更

コメント入力部分をキャプチャ入力不要で本文の下に出るように変更してみた。

2009年6月10日水曜日

禁煙断?

既に4日前(時間的には3日前、それでも今更感プンプン)のことだけど浜松町でC++TT出版打ち上げ。
途中参加で飲み足りない僕はその他3人の方と新橋で飲み直し。そして帰路に就いたのだが…
手違い(ってか時間の見積もりの甘さ)で帰れなくなり上野D&Mへ。
入るなり
「すいません。今日はワインが無いんです」
だとorz
ここに来ると大概ワイン+チーズだからなぁ…
チョロチョロっと飲んでシガーを嗜む。
これは禁煙外です。

感謝して

7月以降の件。

今のように契約社員でなく入社してほしいという話だったので課長さんに回答。
「例の件は無かったことに。」
今の自分のポリシーとして社員になるというのはあり得ない。無論そんなものを吹き飛ばすほどの待遇でも出されれば別だが、それは恐らく年収で8ケタがスタートライン。高卒のPGがもらえるような金額じゃないし、今時ならその半分でも出ればいい方だろうということはわかっている。
今の稼ぎがそんなにいい訳じゃないけど、社員になるくらいならフリーターを選ぶのが今の僕の心境なのでこればっかりは仕方がない。魂売るわけだから。

今いる会社に不満が無いとは言わないが社員になるという事に対して決定的に嫌という理由もない(正直なところ提示された給料は思ったより低かったけど)。一番気になったのは社員の仕事も無くやむを得ず今までのお付き合いもある協力会社や契約社員に撤退してもらっているという状況の中で社員を増やそうということ。出来るかどうかはともかく僕に振る仕事を余っている若手にやらせれば良いと思うわけ。こういう時なら会社は頭数が1なら1で数えてもいいと思う。その為に苦労する社員ももちろん出るけど「この人じゃなきゃ出来ない」なんて仕事はそうそうない。人間切羽詰まれば何とかできるもんだと思う。
とにかく社内的な事情もあるだろうけど形式的な理由で社員になるのはどうにも…

結局その後部長さんも交えてお話。現状の形で再検討していただけることになった。
これは文句なしに有難いのだが自分だけ特別扱いさせてしまったようで契約を打ち切られた他の契約社員の方や協力会社の方に申し訳が無い。ダダをこねた奴が得をするようで…
扶養家族も今更プライドも無いおっさん一人。どうにだって生きていけるのだから。
# 結局「仕事なんてこだわらなきゃどーにかなる」と思ってるから気楽なんだね

今回の件はたまたま僕の作ったものの評価が良かったから結果的にこうなったんだけど、そういうことが無かったらどうなっていたことか。
珍しく過去の自分に感謝。
# そしてそのアイデアを間接的に出させてくれたtemplate meta programmingを考案してくれたどっかの誰かにも感謝

そんな中聴く曲は当然(?)SMAPの「KANSHAして」。
アルバム「007-GoldSinger」やベスト盤「SMAPWOOL」に収録されているバージョンはファンクアレンジでカッコイイですが、とりあえずライブ盤。




2009年6月5日金曜日

2009年6月3日水曜日

ギロッポンって今時言うのはダサいのか?


月曜日の事を日付が変わって既に水曜日に書くのもどうかと思うが…

月曜日の夜、刈谷のバーのマスターが東京に来ていたので一緒に飲んだわけ。このお方、僕がこっちに来てから初めてこっちで会った名古屋方面の人だな、そういえば。

前回はお互い羽振りも良かったので焼肉なんぞ食べに行ったが流石にそうもいかず六本木アボットチョイスで待ち合わせ。
この人も先日昼の仕事が無くなったんだよね。名古屋の不景気恐るべし。

でもまぁ元々良い酒を知っている二人で飲みに行くんだから結局それなりのものを飲むことになるわけで…
2件目に行ったのが「アイラ・バー東京」六本木といえば「CASK」のイメージが強すぎて…
# こっちのバーテンさんは会う人会う人「六本木のCASKへ行きなさい」って感じの話をされるからね。

飲んだ酒はBALBLAIRのヘビーピートな感じの若いのとシェリーの濃い長熟タイプ、それからLittlemill。
Littlemillが若い割に美味しかった。最初はアルコールがきついけど開くと素晴らしい甘さが。

アイラ・バー東京の店長さん、若いけど名古屋出身で将来は名古屋で店を開くのかな?
僕が名古屋に帰った頃にはやっているかもしれない。
同郷としては頑張ってほしいが、若くて才能ある奴は好きじゃないんだなw

この店長さんにこっちで行ったバーの話をしたらほとんどの店を知っていたのは流石だ。
驚いたのはやはり三河島のY'sと新小岩の店(名前失念)。僕が行ったことのある他の店は有名どころばかりなので知っていても不思議じゃないし、高評価なのも納得できるんだけど、この2件の評価が高かったのが面白い。知っている人は知っているんだな。

2009年6月1日月曜日

HAL->IBM って話は本当なのか?

有名なお話ですが2001年宇宙の旅に出てきたコンピュータHALを一文字ずつ繰り上げて
H->I
A->B
L->M
ってなったという話があるんですが。

そうか、5/29で終わったのか。不景気だもんね。finishedで分かったけど、そこだけわからんかったわw
他の人は大丈夫なのかね?転勤までした人たちもいるのに…

察するにもし僕が名古屋に留まっていたとしても今頃は仕事が無くなるってことか。
嫌だねぇ…不景気。