2014年12月31日水曜日

おしまい

区切りもいいので、このblogは2014年で止めようと思う。

出来るだけ文章を書く機会を作ることで自分の文章力を上げようと続けていたが、最近は文章自体がマンネリ化しているのは自分でもわかっていたので、惰性で続けても仕方がない。

今までのように1ヶ月のエントリ数をその月の日数以上にするということはしないが、気が向いた時は何かを書くかもしれない。

しかし、何も文を書かなくなるのも嫌な気がするので、2015年は何か別のことをした方がいいように思っている。

まぁ、流石に小説を書いたりすることは無いだろうが。

忘年会ラッシュ

土曜日から、東京の同業者、名古屋の同級生、名古屋の飲み屋のメンバーと飲みが続いていた。

それで大分疲弊していたと思われるが、その上で宿の暖房を入れ忘れて寝てしまったのがダメだったのだろう。風邪をひいたようで、朝になったら胃の調子が良くない。

今日は夕方に大阪へ行き、ちょっと飲んでから名古屋へ戻り飲んでから終電で帰るつもりだったが、流石にそういうわけにいかず、体調が落ち着くまで宿にいて、それから帰ってきた。

昨日食べた牡蠣のせいか、誰かに風邪をうつされたか、心配になったが、帰りの新幹線では腹が減って何か食べたくなっていたから、多分すぐに治るだろう。

とはいえ、新年は禁酒したほうが良さそうだ。

2014年12月30日火曜日

スナックに歌の上手い人がいた

昨晩、4軒目はスナック。スナックという形態の店には随分久しぶりに行った。

スナックにはカラオケが付き物だが、街のスナックの前を通った時聞こえてくるおっさんのカラオケは概ね酷い。ステレオタイプな酔っぱらいオヤジのカラオケそのままみたいなのが聞こえてくることもある。

だが、昨日は違った。なんか、異常にカラオケの上手いおっさんがいたのだ。店が採点機能をONにしていたので、点数が出ていたのだが、そのおっさんは軒並み90点台。音程いいわ声質いいわで、思わず聞き入ってしまう。点数評価も音程やらリズムやら全体的に良い。何故か感情みたいなスコアは3点とか異常に低かったが。

ちなみにこちらの集団のスコアは60~70点くらいだった。

現代的ショーパブ@名古屋

昨晩、名古屋の飲み屋関係のメンバーと飲んでいた。

一軒目は金山のショーパブ的な店。店員さんは若い女の子揃い。その子たちがステージに立って踊ったりする。

看板からすると居酒屋のようだが、店内はレストラン風でちょっとしたステージがある。服装はHOOTERS風。記憶に残っているのは、口紅の塗り方がイマイチな板野友美風の子と、愛内里菜風の子。この二人はシンガーと紹介されていたが、一度たりとも歌うことはなかった。何がシンガーだったのだろう?

まぁそんな細かいところはともかく、SKE48に辿り着けなかった面々というと語弊があるかもしれないが、そんな感じの子たちが居酒屋でもなくキャバクラでもない形態の店でチョイお色気な営業をしている。それくらいの店だから、価格的にもちょっとお高めな居酒屋レベル(但し料理は推して知るべし)。

一度行ったら楽しめるけど、リピートは無いっていう感じの店。ただ、興味のある人がいれば一緒に行ってもいいような店だった。

余談だが、こういう店は、所謂オタ的な人と悪系な人が多い。で、オタ系の人の中にはショーで乗れる人と斜に構えたようなポーズをとっている人がいる。
なんかさ、こういう店で斜に構えて「いやぁ、俺こういうのはちょっと」みたいにしてるのは不思議。それならこんな店来なきゃいいのにね。何故一人で来てダンディーに飲もうとするのだろう?不思議。

性的嫌がらせ基準

ネットのニュースで見たのだが、電車で女性の前に立っていた男が股間を触っていたら痴漢扱いされたとか。

これに対する反響は、「掻いたらダメなのか」とか「位置を直したらダメなのか」といった、自然にしてしまいそうなことに対する不安(?)を含めいろいろ。

よくよくニュースを見てみれば、そのおっさんは空いている車内で女性の前に立ち、しかも20分ほど股間を触っていたとか。
それは…アウトだわ。
尤も、空いている車内でも立っているお客さんはいる。まぁ、空いている車内で立つにしてもわざわざ誰かの前に立つかといえば、それは無いと思うし、20分もっていうのはありえないので、やっぱアウトだと思うが。でも、この手の話は最初女性の言い分が優先されるだろうから、大逆転があるかもしれないけど。

さて、捕まってしまったおっさんはともかく、こういうのでダメになる基準はどのあたりにあるんだろう?

例えば、他にも場所があるのに、わざわざ女性の前に立ち、股間をいじったら、時間関係なくアウトなのか?前に立たなくても、女性の視界に入るところでずっと股間をいじっていたらアウトなのか?
おっさんと若い男では基準は変わるのか?
気持ちによるものだから明確な基準は無いだろうが、こういうことも気にし始めると、外で迂闊なことはできない。毛ジラミうつされたら大変だろうなぁ…


飯にありつけなかった…

宿でダラダラとしてしまい、15時過ぎに外へ出た。

食べログで行く店の営業時間を確認すると、休憩時間無しの営業のようだ。歩いてその店まで移動。
着いてみると…「17時から営業」の札が。これは店が悪いわけじゃないし、といって食べログを責めるのも違うよなぁ(だってあれ勝手に店情報出してるだけだもんね。まぁ勝手に載せて営業時間間違えてるんじゃないよっていう気もしなくもないが)。
仕方ないので、別の店へ移動。しかし、電車が10分遅れ。着いてみれば16時ちょっと過ぎ。その店も連続営業だと思っていたら、16時から17時まで休憩時間。

こういう間の悪い時ってあるもんだなぁ…

名古屋のパチンコ屋の景品

1時間弱早く待ち合わせの駅に着いたので、時間つぶしにスロットを打ってみた。

結果、1000円でかかって、その後もちょろちょろとかかったおかげで、追加でお金を遣うことはなかった。

交換するにはイマイチな量だったけど、特殊景品と交換。「余り玉のお菓子はいらないよなぁ」と思っていると、手渡された景品は中4個と小4個。余り玉は無し。そして交換してみると4730円。
僕の中ではその数なら4800円だと思うのだが…

10円単位、それも奇数が出るとは。消費税の関係なのかどうかはわからないけど、いつのまにこんなことになっていたんだろう。

2014年12月29日月曜日

ペーパータオル

トイレに入った時、最近はエアータオルのある店も多いが、ペーパータオルの置いてある店がある。
それが1枚ずつ引っ張って取り出すタイプなら特に何も考えないが、束の置いてある店が困りモノだ。

手を洗って水の付いた手で上から1枚取る。手の水が浸透して、取り出した下のタオルに水滴が滴っている。
嗚呼、たまらない…もう一枚取るのは勿体無いけど、水滴が付いてるのをそのままにしておくのも嫌だ。というか、大抵1枚では足りない。

手を拭くのは1枚で十分。しかし、水滴がつくから3枚くらい取る。嗚呼勿体無い。
最近気付いたんだが、もしかしたらあれは手を洗う前に1枚取っておくのだろうか?
だが、洗う前の手で1枚とって、その紙で手を拭くのも何となく嫌だ。

正解が見えない。


2014年12月28日日曜日

松戸のタクシー事情@2014末

金曜の夜、松戸駅のタクシー乗り場には驚くほどの行列が出来ている。「もういいや」と歩き出した。

数㎞歩いたところで、お客さんを下ろしたタクシーと遭遇。窓を叩いて目的地を言い、乗せてもらえるか聞いてみる。

「そこは範囲外だからお乗せできないんですよ。」
「じゃあ乗れないですね。」

こんな会話をしてあっさり諦めて再び歩き出したあとに気づいた。恐らくあの運転手さん的には、その距離を*正当な客として*乗せたら旨味がない。だが、メーターを上げずに僕がその距離に見合った金額を払って乗れば移動のついで&丸儲けになる。ただ、はっきりそれを言う訳にはいかないから奥歯に物が挟まったような言い方をしていたのか。
「しまったぁ~、xxx円でoooまでお願いします」
が正解だったのか~!

そして土曜の夜、乗ったタクシーの運転手は半世紀もやっているベテラン。タクシーの運転手がボロ儲けしてた時期を知っている人だ。
聞いてみたら、機械式のメーターだった時には空車の棒を下ろすとき、棒を挟んでおくとメーターが上がらないから、お客さんからは正規の金額をいただき、会社にはメーターの金額を払う。差額は丸儲け。バブルの頃なんかはそんなことをしている運転手がいたらしい。
その頃は、そんなことをしなくてもタクシーの運転手さんの給料は良かったから、飲み屋でもちやほやされたらしい。

昨日の運転手さんが、そんな、バブルの頃の運転手さんだったら、奥歯に物が挟まったような言い方をせずにはっきり言ってくれたのかなぁ~。

2014年12月27日土曜日

ノートPCを買い足した

23日にASUSのX205というノートPCを購入した。量販店で3万円台前半の安価なPCだ。性能は値段なりだが、11.6"のディスプレイの小型の本体は1kg以下の重量で11時間バッテリーが持つ。

今の僕の仕事のスタイルだと、出先からリモートで開発環境へ繋げられれば良いので、ノートPCの性能は必要としていない。画面解像度はもっと欲しいところだが、価格との妥協点だ。この値段のPCなら、旅先で壊しても大して凹むことがないし、買い替えても大した負担にはならない(当然仕事で使うならということである)。

ちょっと残念だったのは、23日に買ったマシンは左のシフトキーと「3」を押すと「#%\t(タブ)」と3文字入力されてしまう、言い方は悪いが不良品だったということ。

25日の夜に、購入した秋葉原のヨドバシカメラへ持って行き現象を見せたら交換してもらえた。

今、交換してもらったマシンでこのエントリを書いているが、問題なく動いている。そして、やはりこのPCは軽い。
Windowsタブレットだと安価なモデルでもMicrosoft Officeが付いているものもあるので、このマシンもできれば1万くらい値段が上がってもいいからOffice付モデルを出して欲しい気もするが、この値段なら別途Officeを買ってもいいかもしれない。

なんにせよ、3万のPCが仕事に使えるとはいい時代になったもんだ。

除霊は本当に効くのか?

先週くらいに除霊してもらった店の話を書いたが、その店に昨晩行ってきた。

除霊の効果は本物(?)らしく、酒グセの悪いお客さんはその後も来ていないとのこと。「へぇ~、本物かねぇ」なんて思っていたが、その客以外のお客さんの話を聞いてみたら、どうもマスターがゲイっぽいお客さんに惚れられたとのこと。

「あぁ、除霊したのは女性だもんね」と思ったが、マスター自身はゲイっぽいお客さんに惚れられた事自体は困っているようだが、除霊とそれを結びつけて考えてはいないようだったので、言及はしなかった。

もしかしたら、先日コギャルの霊を除霊した椅子に、今は別の霊が座っているのかもしれない。

2014年12月25日木曜日

クリスマスプレゼント

昨日、ウィスキーを買いに酒屋へ。

目的のものと目に付いたものを1本ずつ、計2本購入。お会計をするとクジを引かせてくれた。
しかし、支払った金額に対してクジの残りが一つ足りないらしい。店員さんは申し訳なさそうにしていたが、こちらはクジがある事を知らなかったので損をした感覚がない。

結果、特賞の大吟醸とあんず酒の一升瓶2本と果実酢1本が当たった。流石にその本数を持って帰る気にはなれず、宅配に。

購入金額に対して頂いたものが多すぎる気がして、「クリスマスプレゼントだね」なんて思いながら帰宅。

家に帰ってから投函されている封書を見ると、税務署から。それも復興特別所得税の督促状。どうやら払い忘れていたらしい。
そういえば、先日バーのマスターに「復興特別所得税でかいですよね」と言われて、「僕のところ来てないですよ」なんて会話をしていた。いやぁ、妙だと思ったんだ。僕のところに来てないの。
結局見落としてただけだったのね…

督促状なので、当然だが、これを受け取って11日以内(だったと思う)に支払わなければ、財産差押らしい。
税務署のクリスマスプレゼントは優しくない。

2014年12月24日水曜日

領収書

年明けにバタバタするのも何かと思って、領収書の整理をしていた。

金額に対する「少ねぇなぁ…」という感想はともかく、1月〜3月くらいまでの領収書の数が妙に少ない。
確定申告が忙しかったから?否、それはない。どうやら、どこかに纏めて保存しているのだろうが、それが見つからない。

やはり個人事業主の皆さんは、きちんと毎月なり毎日なり、こまめに管理しているのだろうか?
どうしたって100枚やそこらでは済まない領収書。効率的な管理方法なんていうのがきっとあるんだろうけど、ぼくは今年もジップロックに入れて済ませることになりそうだ。

今年もあと1週間程度。もう、どうしようもないから、頑張って税金を払わないと。

一人焼肉@牛角

昨晩、妙に焼肉が食べたくなり、牛角へ。

遅めの時間だったから仕方ないかもしれないが、カウンター席のある店で一人ぽつんと4人席に案内されるというのは中々厳しい。

席に案内されて、最初の注文は女性の店員さんに聞いてもらって、そこまでは良かったんだが、その後の追加注文を聞きに来た男性店員さんが僕の顔をじろじろと下からえぐるように覗きこんでくる。なんだろう?

その後もその店員さんは、僕のところに来るたび&お会計の時もやたらと僕の顔をジロジロ見てきた。

若いそこそこいい男の店員さんだったので、僕の中で今まで眠っていた美少年殺し(キラー)の才能が開花したのかもしれないと思っていたが、思い返してみればあの人、前に近場の飲み屋で話をしたことがあったかも…

人の顔覚え悪いからなぁ。

Saltish Night 18

今年最後のコンサートは塩谷哲プロデュースのSaltish Night 18。毎年行っているコンサートである。

今年のゲストは、佐藤竹善と、上妻宏光、ケイコ・リー、夏川りみ。例年より少なめか。
上妻宏光とのピアノ・三味線コンビに始まり、夏川りみ、ケイコ・リー、佐藤竹善と出演。
上妻宏光と夏川りみの共演での三線の組み合わせも面白かったし、佐藤竹善とケイコ・リーによる卒業写真(英語)も面白かった。

しかし、久しぶりに聞いた夏川りみの生歌は実に素晴らしい。やっぱり来年はコンサートに行くべきだな。